より精密な治療のためにマイクロスコープを導入

マイクロスコープ最近、歯科医療界でマイクロスコープ(顕微鏡)が注目されているのをご存じですか?人間の裸眼での識別域は0.2mmが限界と言われていますが、根管治療などの高度な歯科治療においてはミクロン単位の精度が求められます。そこで歯科医師の心強い味方となるのが、お口の中の様子を3~20倍に拡大して見ることができるマイクロスコープです。

たとえば、歯の根の中の管である"根管"は、非常に細く複雑な形をしており、肉眼では細部まで診ることができないため、これまではいわば手探り状態で治療していました。しかし、マイクロスコープを使うことで根管の中まで詳しく診ることができ、確実な根管治療が行えます。また虫歯の治療では、患部だけを正確に把握して除去することができるので、歯を削り過ぎることのない安全な治療が行えるようになりました。

歯を守る治療に役立つマイクロスコープマイクロスコープ
当院では、増改築を機に、歯への負担を最小限に抑える精度の高い治療を可能とするマイクロスコープを導入。今後は、拡大鏡とマイクロスコープを症状や治療内容に合わせて使い分け、より的確にできるだけ歯を守る治療をご提供したいと考えています。

患者さんにもお口の中を確認していただきます
今回、高機能診療ユニットも導入し、マイクロスコープの画像をモニターに映し出すことができるようになりました。患者さんに患部の状態を確認していただくことができるので、ご自身のお口の中を知って、歯を守る意識を高めていただきたいと考えています。

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

荒井歯科飯能日高テレビ

飯能日高テレビの取材を受けました。