しっかり相談、しっかり治療

しっかり相談、しっかり治療

<Our Concept>
「こんなにひどい虫歯で、先生に怒られたらどうしよう......」
そんなことはありません。

虫歯治療の場合、痛みへの恐怖や「こんな状態では先生に怒られるかも」と来院を躊躇していらっしゃる方は多いのではないでしょうか?
治療で叱責されたり怖い経験をなさったことのある方にとって、歯医者さんへのイメージはあまり良いものではないかもしれません。

しかし当院ではそのようなことはありません。「気軽に相談をして欲しい」「質問をして欲しい」「わからないまま帰って欲しくない」という願いを持って治療にあたっています。

虫歯がなぜできるのか、痛いのか、ご存知ですか?
まずは虫歯についての説明から始めましょう。

虫歯はなぜできる?

虫歯はなぜできる?歯のカルシウムが溶け出してスカスカになり、穴があく。それが虫歯です。

なぜ歯が溶けるかというと、歯にべっとりついた歯垢(プラーク)が原因です。プラークの正体はバイ菌のかたまりです。そのバイ菌が出す「酸」、それが歯を溶かします。

虫歯はなぜ痛い?

虫歯はなぜ痛い?バイ菌は歯を溶かしながら歯の中に侵入していきます。そして最終的には歯の中にある歯髄(いわゆる神経)までバイ菌が入り込みます。すると歯髄の中で炎症が起こり、痛みが生じます。その痛みは大変強く、神経を取ってしまわないとおさまりません。

ちなみに、神経をとった歯でも痛みを生じることがあります。根の先端の外の部分にウミだめができる場合です。

虫歯って自然に治るの?

虫歯って治るの?歯のカルシウムは常に溶け出していますが、再度吸収されることで一定の量を保っています。このバランスが崩れ、溶け出す量が多くなると虫歯が進行していきます。

カルシウムがなくなり歯が欠けてしまうと虫歯は自然には治らないので、削ってつめものをつめたりする必要があります。しかし、カルシウムが少し抜けただけの初期の虫歯では、カルシウムを戻してあげることで治ります。これを再石灰化といいます。再石灰化にはフッ素が大きな役割を果たします。

虫歯の予防法

虫歯の予防法虫歯は、歯とバイ菌と糖分と時間があると起こります。バイ菌が糖分を分解して産生した酸が時間をかけて歯を溶かします。どれか一つでもなければ虫歯は起こりません。

歯とバイ菌と糖分と時間に関しての対応が虫歯の予防となります。

まず、歯が虫歯菌の出す酸に溶けづらくすることができます。フッ素入りの歯磨きペーストなど、歯を強化するものを使用しましょう。

虫歯の予防にはなんといっても歯みがきです。虫歯の原因は歯にこびりついたプラーク(バイ菌のかたまり)ですから、その原因を除去すればいいわけです。

また、「糖分」の摂取量を減らすことも虫歯の予防につながります。キシリトールは虫歯菌が分解しても酸が出ませんので、虫歯予防に効果的です。

最後に「時間」ですが、だらだらとものを食べることで、虫歯のリスクが高まります。おやつなども時間を決めて食べましょう。 砂糖入りのコーヒーをよく飲む、なんていう方も要注意です。

小さな虫歯と大きな虫歯

小さな虫歯と大きな虫歯では治療法が違ってきます。

小さいものは削って白い樹脂をつめてその日に治すことができます。
大きいものは、型取りをして技工所でつめもの等を作製して、次の回に技工物を歯にセメントでつけて治します。さらに大きくなると、症状がなくても神経をとる必要がでてくるので、治療に回数がかかってしまいます。

小さいうちに治せばより簡単に済むというわけです。

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

荒井歯科飯能日高テレビ

飯能日高テレビの取材を受けました。