「痛みの少ない治療」で、歯医者をもっと通いやすい場所に

「痛みの少ない治療

<Our Concept>
「歯医者で痛い思いをするのは当たり前」
そんな誤解をしていませんか?

歯医者さんに行かなくてはならないとわかっていても、「治療が痛いから」と先延ばしにしてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方は、ぜひ、当院にお越しください。

私たちは、「歯医者さんに行くと、痛くてもしかたない」とは、けっして考えていません。そう、「治療時に痛む」という患者さんの思いこそが、さまざまな歯の病気の早期治療、継続治療を阻む原因だと考え、「痛みの軽減」に対し、細心の注意を払っています。

当院で治療をされた患者さんの中には、「痛みがないと聞いて来院した」とおっしゃる方や、「丁寧に麻酔してくれたおかげで、麻酔の痛みをほとんど感じなかった」という声をいただいています。痛みという苦痛が少ないからこそ、きちんと通院することができ、早めに治せる、きれいに治せるのです。

痛みをゼロにする鍵は麻酔です。麻酔が効いてしまえばどんなに痛そうな治療も全くの無痛で行うことができます。しかし、麻酔も注射なので少しは痛い。当院では麻酔の痛みを軽減させることで、トータルの痛みを抑える工夫をしています。

<荒井歯科医院の麻酔の特徴>

虫歯治療の特徴◆1.麻酔をするその前に...「麻酔の痛み」自体を軽減します

歯科治療では、痛みを抑えるために、「麻酔」をかけますが、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。当院では、麻酔のときは、表面麻酔を使用し、麻酔の痛みそのものも軽減するようにしています。

◆2.麻酔薬の注入時にも、高度な技術を使います

麻酔の針のささる痛みを抑えても、その後には麻酔薬を注入する痛みがあります。その痛みは、麻酔を注入するスピードによる余計な圧力です。当院では、ゆっくりと麻酔を注入することで痛みを抑えています。また、歯科界で最も細い針を使ったり、麻酔薬を体温に温めたりなどして、痛みを減らしています。

◆3.それでも麻酔は少しは痛い

いくら気をつけて麻酔をしても、100%痛みのない麻酔をすることは不可能です。同じドクターが同じ歯に同じように麻酔をしても、痛い時もあれば全く痛くない時もあります。

昨今は「無痛治療」という言葉が歯科界で流行しているようですが、麻酔が痛いわけですから、実際の治療にはそぐわない言葉であると考え、当院では「微痛治療(麻酔がちょっとは痛いかもしれない。けれどもそのあとの治療は全くの無痛)」と呼んでいます。

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

荒井歯科飯能日高テレビ

飯能日高テレビの取材を受けました。