軽度から重度まで確かな治療実績

歯周病治療のスペシャリスト

<Our Concept>
自覚症状がない分、怖い歯周病治療に高度な技術で対応

「歯周病という名称は知っているけれど、その内容は実はあまり詳しく知らない」という方もいらっしゃるかと思います。

あるデータによると、日本人の約8割がかかっているといわれている歯周病。歯の周りの組織(歯ぐき、骨など)が、「プラーク(=歯垢)」の中にいる細菌によって損なわれる病気の総称です。

歯の周辺組織は、いわば、歯の「土台」。建物と同じように、歯に関しても「土台」は、とっても大切です。「土台が崩れる=歯周病が進行する」と、骨が溶け、やがて歯が抜け落ちてしまいます。また、「土台」に病気があると、どんな治療であっても、効果が落ちます。インプラントや審美治療も同様。歯周病があると、思うような治療効果が上がらず、痛みなどの原因にもなるのです。

そして、歯周病の大きな特徴は、「自覚症状がないこと」。それだけに怖い病気であり、治療にあたっては、高い技術が必要とされます。当院は、軽度から重度まで、最新の技術と丁寧な施術をもって対応。患者さんからも、「自分の歯周病はもう治らないと思っていたけど、大きく改善された」といった声を頂戴しています。

<荒井歯科医院 歯周病治療の特徴>

歯周病治療の特徴◆自覚症状がないからこそ、早期発見が大切!

その進行が、歯の健康に重大な影響を与える歯周病。早期発見・早期治療が重要なのは言うまでもありません。
しかし、病状が進むまで痛みなどの自覚症状がほとんど出ないため、ご自分での早期発見が難しい病気でもあります。
そこで歯科医院での定期的な検査が必要になります。

※「歯周病チェックシート」で、歯の土台の健康をチェック!

歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れ◆1.歯みがきレッスン
なんと言っても歯みがきが上手にできなければ歯周病は治りません。逆に歯みがきが完璧にできれば歯周病の治療は半分終わったといっても過言ではないでしょう。

まずはご一緒に、歯みがきのレッスンをしていきます。これは1回で終わりと思っている方が多いですが、ピアノや生け花などの他のお稽古事と同じで、歯みがきも1回でマスターできるものではありません。レッスンを何回かかけて行うことで、次第に上手になっていきます。
下へ

◆2.検査1回目
 歯周病の進行度合いの検査として、歯と歯ぐきの境い目にある歯周ポケットという溝の深さを測ります。ポケットの深さが4mm以上ある場合は危険信号です。ポケットの深さを測る際に、歯ぐきに炎症のある部分からは溝の中から血が出てきますので、それも確認し、炎症の有無を診査します。また歯の揺れ具合も確認します。
下へ

◆3.見えている部分の歯垢や歯石の除去
専用の道具を使用して、こびりついた歯垢や歯石を除去します。1回で全ての歯を掃除するか、歯垢・歯石が多い場合は2回に分けることもあります。
下へ

歯周病治療の流れ◆4.検査2回目
掃除してから3週間ほどすると、歯ぐきがひきしまりポケットが浅くなってきます。そこで再度2.と同じ検査を行ないます。ここで問題がなかった場合は11に進みます。
下へ

◆5.歯ぐきの中に隠れた歯垢や歯石の除去
4.の検査でまだ治癒していない部分に関しては、歯ぐきの中に隠れた歯垢や歯石がある可能性があります。専用の器具を用いて、1歯1歯丁寧に掃除していきます。
下へ

◆6.検査3回目
5.の後1ヶ月ほど待ってから再検査をします。ここで問題がなかった場合は11.に行きます。
下へ

◆7.歯ぐきの中の再清掃
ポケットの深さの残っているところは、麻酔を使用して、深い部分まで徹底的に清掃します。
下へ

◆8.検査4回目
再検査をします。ここで問題がなかった場合は11.に行きます。
下へ

◆9.歯ぐきの手術
問題が残っていた場合は、歯ぐきの手術をすることがあります。これまでは歯ぐきの中の見えない部分を、見えない状態のまま清掃してきましたが、それではポケットの深い部分では歯石を取り残すことがあります。そこで歯ぐきに麻酔を十分に効かせてから歯ぐきを切って、歯の根っこの表面を見える状態にして、歯垢・歯石を直視しながら除去します。
下へ

◆10.検査5回目
術後の状態を検査します。その後、定期検診に入ります。
下へ

◆11.定期健診に入ります
 

あなたは大丈夫?歯周病チェックシート

あなたは大丈夫?歯周病チェックシート<歯周病チェックシート>

◆1.歯磨きをすると、出血する
◆2.歯ぐきが赤く腫れている
◆3.冷たいものが歯ぐきにしみる
◆4.歯がグラグラしている
◆5.歯並びが悪い
◆6.歯ぎしりや歯の食いしばりがある
◆7.歯と歯の間に食べ物がはさまりやすい
◆8.口臭がある
◆9.歯が長くなったように見える
◆10.朝起きたとき、口の中がネバつく
◆11.口呼吸している
◆12.喫煙している
◆13.糖尿病、高血圧である
◆14.妊娠や更年期でホルモンバランスが乱れやすい

あてはまる数が多いほど歯周病の可能性が高くなります!あなたのお口は大丈夫ですか?もし、少しでも当てはまるのなら、ぜひ一度ご相談ください。

歯周病に関する質問

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

荒井歯科飯能日高テレビ

飯能日高テレビの取材を受けました。