「顎が鳴る、口が開きづらい」といった症状はありませんか?

「顎が鳴る、口が開きづらい」といった症状はありませんか?

「カクッと音がする、口が開きづらい」
あなたの顎は大丈夫?

顎関節とは下顎の骨と頭蓋骨を結ぶ関節のこと。耳の少し前の部分に指をあてて口を大きく開け閉めすると、動く部分があるのが分かると思います。そこが顎関節です。顎関節症とは、顎関節に問題が生じた状態を総じていいます。

この症状をそのまま放置すれば、顎の痛みだけにとどまらず、頭痛、首や肩・背中の痛み、腰痛、肩こりなどの痛みに発展します。また、耳鳴りや目の疲れなど、影響が全身疾患にもつながるとも言われております。

当院では、リハビリやマウスピースを駆使しながら、顎関節症の改善に努めています。もし、少しでも顎に異常を感じたら、ぜひ一度私たちまでご相談ください。

<荒井歯科 顎関節症治療の特徴>

荒井歯科 顎関節症治療の特徴1. 顎関節症をリハビリで治す
顎関節症の中には、リハビリでよくなるものがあります。口を大きく開けたり、指で口を開けたりする訓練をします。

2. 顎関節症をマウスピースで治す
噛み合わせなどに問題がある場合に顎関節症が起こることがあります。そのような場合は、マウスピースを入れて噛み合わせを安定させることでよくなることがあります。

3. 高度医療機関の受診が必要な場合
顎関節症の中には、一般開業医では対応できないようなケース(オペが必要な場合や腫瘍など)があります。そういった場合は大学病院等の高度医療機関をご紹介致します。

うがいをするとしみる・歯ブラシがあたるとしみる~知覚過敏

そんな症状がでたら、知覚過敏かもしれません。
治療では、露出した神経に近い部分をふさぐことで刺激を減らし、知覚過敏を軽減させます。また、フッ素入りの歯磨き粉を歯にしみこませるように使用すれば効果的です。
あまりにもしみて、日常生活に支障が出るような場合には、神経を取らざるを得ない事もあります。

虫歯の深い歯を抜かないで残す

虫歯が深すぎるために、根っこだけしか残っておらず、一昔前では抜いていたような歯も、矯正を利用して残すことができます。
具体的には、矯正の力で根っこを引っ張りだすことで、根っこを利用したかぶせ物を作製できるようになります。

問題のない根は抜かないで残す

奥歯では一本の歯に複数の根があります。一本の歯の中で、健康な根と抜くべき状況の根が混在していることがあります。
そのようなときは、歯全体を抜くのではなく、問題のある根のみを抜いて、健康な根だけを残して利用することが可能な場合があります。

親知らずを奥歯に移植。失った歯を、自分の歯で補う~歯の移植

親知らずを奥歯に移植奥歯の歯を抜く必要がある場合、その歯を抜いた穴に自分の「親知らず」を移植するという方法です。歯を抜いた場合に選択する方法としては、入れ歯、ブリッジ、インプラントがありますが、この方法ではブリッジや入れ歯のように他の歯に負担をかけません。また、インプラントのように大幅な手術も必要ありません。保険適応ですので、比較的リーズナブルな治療ということも大きな特徴です。

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

荒井歯科飯能日高テレビ

飯能日高テレビの取材を受けました。