命に関わる摂食・嚥下障害

(1)誤嚥
食べ物や唾液が気管に入ることを誤嚥といい、その誤嚥が原因で起こる肺炎を誤嚥性肺炎といいます。口腔・咽頭内の細菌が肺に入ることが原因となります。
特に、誤嚥してもムセが生じない「不顕性誤嚥」が問題となります。
誤嚥性肺炎は要介護高齢者の死因となることが多く、また治療が困難なため、予防することが重要になります。

(2)窒息
食べ物により気道が閉塞されることをいいます。
息ができず死亡へつながることが多いため、こちらも避けることが重要です。

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

荒井歯科飯能日高テレビ

飯能日高テレビの取材を受けました。