摂食・嚥下治療への想い

医療の進歩とともに、人間の終末期における選択肢は増えました。しかし、人間は最終的には亡くなる運命にあります。

病気である・ないに関わらず、少しずつ体力が落ち、食欲も落ちて行きます。それは自然の摂理であり、人間らしいことだと思います。

胃瘻など、口から食べることができなくても栄養を摂れる手段はあり、それは手段として適切に使用されるべきものです。画一的に胃瘻がダメだというのではありません。メインの栄養摂取を胃瘻から行い、それと併用してお楽しみとして経口摂取を続けている方もいらっしゃいます。

終末期の過ごし方は人によって様々な形があると思います。
ムセながらでも好きな物を最後まで食べたいという方もいれば安全に少しでも長く食事を続けたいという方もいらっしゃいます。

荒井歯科では、一人でも多くの患者さんが、最期まで何らかの形で食事を楽しむことができるような「支えるケア」をご家族や施設の方と一緒に行っていければと考えております。

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

荒井歯科飯能日高テレビ

飯能日高テレビの取材を受けました。