摂食・嚥下障害は絶対によくなるの?

摂食・嚥下障害は、良くなることもあれば良くならない場合もあります。

例えば、脳卒中などで倒れた方の場合、倒れてから時間が経過しても数年間は少しずつ改善していきます。
しかし、進行性の疾患であったり認知症が進行したりすると、改善は難しいことがあります。
リハビリを行い回復を促すというよりも、現在の機能に合わせた食生活を支えていくことになります。

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

荒井歯科飯能日高テレビ

飯能日高テレビの取材を受けました。