入れ歯の取り扱いについて

本日入れ歯が完成しました。でもこれで終わりではありません。
はじめのうちは以下のようなことが起こることが多いです。

・歯ぐきがすれて痛くなる(靴ずれのようなもの)
・話しづらい ・頬や舌をかむ ・吐きそうになる ・落ちる、浮き上がる

以上のことは、歯科医による調整を何回かすることで改善していきます。
特に歯ぐきの痛みは、歯科医による調整をしなければなかなか治りません。
また、入れ歯も道具ですので、使い慣れていただかないと治らない部分もあります。
歯科医による調整と慣れによって、だんだんと使えるようになっていきます。
入れ歯に問題がある場合は、調整で改善できる可能性があります。
遠慮なくご相談ください。

<義歯の清掃>

○入れ歯は必ず外して磨きましょう。磨く際は水に流しながら市販の歯ブラシで、
 歯の部分・ピンクの部分・金具の部分全てをよく磨いてください。
 その際、歯みがき粉を使うと入れ歯が削れますので、使用しないでください。

○磨いた後は、水につけて保管してください。乾燥すると義歯が変形します。
 また、熱湯消毒として熱いお湯につけても変形しますので注意してください。
 保管する水には義歯洗浄剤を毎日入れると入れ歯をきれいに保てます。
 しかし、義歯洗浄剤だけでは入れ歯についた汚れや細菌を落としきることは
 できませんので、必ず歯ブラシによる清掃をしましょう。

<取り扱い>

○寝るときは原則として外しましょう。
 ただし、入れて寝たほうがいい場合もあります。こちらからお伝えします。

○自分で削ったり、金具を曲げたりせず、必ず一度ご連絡ください。
 削りすぎてあわなくなったり、金具が折れたりします。

○無理に使って慣れようとせず、痛いときは入れ歯を外しておきましょう。
 傷が大きくなりすぎて、調整で大きく削らないといけなくなり、あわなくなります。
 ただ、使っていないと痛い部分が分かりませんので、調整のお約束の日の
 前日からは使い始めてください。

<定期検診>

入れ歯にも定期検診が必要です。

○歯ぐきの土手はだんだんと減っていき、入れ歯とあわなくなります
 これは裏打ちをすることで、またあわせることができます。

○歯の部分がだんだんとすり減り、噛み合わせが悪くなっていく

きれいに丁寧に使用し、定期検診に通うことで、入れ歯を長持ちさせましょう。

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

荒井歯科飯能日高テレビ

飯能日高テレビの取材を受けました。