矯正装置をつけたままスポーツや楽器の演奏はできますか?

スポーツに関しては、激しい格闘技などを行う人は口の中をけがする可能性が高いため矯正治療を行わない方がいいでしょう。楽器に関しては金管楽器の演奏などが最も影響を受けるようです。スポーツにしても楽器にしても繊細な感覚が必要となるものですので矯正器具が気になりどうしても集中できないというような人はどのようなスポーツ・楽器にしても治療時期を考える必要があります。

矯正歯科ページへ

矯正歯科に関する質問

子供の矯正治療と大人の矯正治療の違いについて教えてください。
矯正治療中の歯磨きは大変ですか?
いま虫歯があります。一緒に虫歯の治療はできますか?
表側矯正と裏側矯正の違いは何ですか?
矯正治療は何歳まで受けられますか?
上の前歯の並びだけが気になるのですが、部分的な矯正はできますか?
矯正の治療費も医療費控除の対象になりますか?
矯正治療では抜歯が必要だと聞いたのですが......
治療期間と通院間隔はどれくらいですか?
治療中に引っ越した場合は、どうすればいいですか?
治療中の痛みはどの程度ですか?
装置が壊れたらどうすればいいのですか?
矯正装置を着けたら、食べ物の制限はありますか?
矯正装置をつけたままスポーツや楽器の演奏はできますか?
治療後、もとに戻ったりしませんか?
矯正治療中に妊娠しても大丈夫ですか?
目立たない矯正器具はありますか?
ブリッジや差し歯があります。矯正治療はできますか?
外科手術が必要な矯正があると聞いたのですが......
しばらく通院できなくても大丈夫ですか?
マウスピースの矯正ってどんなものですか?

よくあるご質問一覧ページへ

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

荒井歯科飯能日高テレビ

飯能日高テレビの取材を受けました。