小さな虫歯と大きな虫歯

小さな虫歯と大きな虫歯では治療法が違ってきます。

小さいものは削って白い樹脂をつめてその日に治すことができます。
大きいものは、型取りをして技工所でつめもの等を作製して、次の回に技工物を歯にセメントでつけて治します。さらに大きくなると、症状がなくても神経をとる必要がでてくるので、治療に回数がかかってしまいます。

小さいうちに治せばより簡単に済むというわけです。

インプラント・審美歯科治療・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

インプラント・審美歯科治療・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

荒井歯科飯能日高テレビ

飯能日高テレビの取材を受けました。