摂食・嚥下障害ってなに?

摂食・嚥下障害とは、前に示した嚥下の5つの段階のいずれかが障害されることを言います。

例を挙げると、

(1)先行期の障害
・食事に意識が向かず、いつまでたっても食事をはじめない
・食べこぼす
・どんどん口の中に食べ物をいれる など

(2)準備期の障害
・入れ歯が合わなくて、噛むことができない
・舌の動きが悪くてうまく噛めない、
・つばの量が少なくて口の中でバラバラになる など

(3)口腔期の障害
・舌の動きが悪くて、食べ物をのどの方へ送り込むことができない
・いつまでももぐもぐしている

(4)咽頭期の障害
・食べ物が気管に入ってむせる

(5)食道期の障害
・胃に入った食べ物が食道に戻ってくる(胃食道逆流)
・食道の通過障害

などがあります。

インプラント・審美歯科治療・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

インプラント・審美歯科治療・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

荒井歯科飯能日高テレビ

飯能日高テレビの取材を受けました。