2015年5月21日

歯と安全を守るため、治療設備も高度にリニューアル

充実した最新設備

歯を守る治療の精度を高め、治療内容を充実させ、また治療の安全性を高めるために、増改築に伴って治療設備や滅菌システムも一新しました。

根管治療に特化した高機能な診療ユニット(モリタ ソアリック)やマイクロスコープも導入し、患部を精密に把握し、正確な治療が行えるようになりました。今後は歯科用CTも導入予定で、高度な治療設備を駆使して、歯を守るための治療にいっそう尽力したいと考えています。

より精密な治療のためにマイクロスコープを導入

マイクロスコープ最近、歯科医療界でマイクロスコープ(顕微鏡)が注目されているのをご存じですか?人間の裸眼での識別域は0.2mmが限界と言われていますが、根管治療などの高度な歯科治療においてはミクロン単位の精度が求められます。そこで歯科医師の心強い味方となるのが、お口の中の様子を3~20倍に拡大して見ることができるマイクロスコープです。

たとえば、歯の根の中の管である"根管"は、非常に細く複雑な形をしており、肉眼では細部まで診ることができないため、これまではいわば手探り状態で治療していました。しかし、マイクロスコープを使うことで根管の中まで詳しく診ることができ、確実な根管治療が行えます。また虫歯の治療では、患部だけを正確に把握して除去することができるので、歯を削り過ぎることのない安全な治療が行えるようになりました。

歯を守る治療に役立つマイクロスコープマイクロスコープ
当院では、増改築を機に、歯への負担を最小限に抑える精度の高い治療を可能とするマイクロスコープを導入。今後は、拡大鏡とマイクロスコープを症状や治療内容に合わせて使い分け、より的確にできるだけ歯を守る治療をご提供したいと考えています。

患者さんにもお口の中を確認していただきます
今回、高機能診療ユニットも導入し、マイクロスコープの画像をモニターに映し出すことができるようになりました。患者さんに患部の状態を確認していただくことができるので、ご自身のお口の中を知って、歯を守る意識を高めていただきたいと考えています。

滅菌システムを一新し、より安全な治療環境を整備

滅菌システムを一新「ちゃんと消毒や滅菌をしているのかな?」歯科医院について、そんな不安をお持ちになったことはありませんか?実は歯科治療のほとんどは外科的処置であり、歯科医院にとって確実な治療技術と同じように、消毒や滅菌などの感染予防対策は重要なものです。

当院では、従来から感染予防対策に力を入れてきましたが、リニューアルを機に、より高機能な滅菌システムを導入し、より安全な治療環境を整えました。すべての患者さんに安心して診療を受けていただけるように、これからも万全の感染予防対策を講じていきます。

より速く確実な機械洗浄で、感染リスクを解消滅菌システムを一新
安全で効率的な診療をバックアップするために、スピーディーな洗浄と確かな洗浄能力をもつ洗浄機(ウォッシャー ディスインフェクター)を導入しました。

この洗浄機は、熱湯を使用することで、器具の表面だけでなく内部まで洗い流すことができ、感染源となる血液や唾液などもきれいに除去することができます。機械洗浄により、スタッフのケガによる感染リスクを防ぐとともに作業効率を向上させ、患者さんの対応に専念することができるようになりました。

高機能のクラスB高圧蒸気滅菌器も追加滅菌システムを一新
真空の状態と蒸気で高気圧をかけた状態を何度も繰り返すことで、すべての細菌やウイルスを死滅させることができるのが高圧蒸気滅菌器です。この機器は滅菌力の高さからB、S、Nの3クラスに分かれており、一般の歯科医院ではNクラスが使われていることが多いのですが、当院では最高クラスのBクラスを導入しました。

患者さんのお口の中に入る切削機器はもちろん、ハンドピースの中までしっかりと洗浄・滅菌することで、歯科医師やスタッフも自信を持ち、安心して治療を行うことができます。徹底的な滅菌環境のもとで、安全・安心な信頼性の高い治療をご提供します。

より親しみやすく、快適な歯科医院を目指してリニューアルしました

100年を超える医院が増改築

当院は今まで、100年以上にわたって積み重ねてきた歴史、患者さんに満足していただくという診療理念を大切にしながら、その時代時代に求められるニーズに迅速に対応してきました。

そして今、歯に対する健康意識が高まり、予防歯科の考え方が広まるにつれて、歯科医院は「痛くなってから行くところ」「悪い歯を治す」というイメージから、「予防のために通うところ」というイメージに変わってきています。当院も現代に求められる歯科診療に的確に対応し、地域のみなさまの歯の健康を守る役割を果たしていきたいと考え、院内の大幅な増改築を行いました。

予防のためにも通いやすい医院へ100年を超える医院が増改築
外壁は趣のある煉瓦造りに、内装は快適性と清潔性を重視して白で統一し、歯科医院にありがちな「怖い」「痛い」というイメージを感じさせない雰囲気を心がけました。さらに高度な治療にも対応できるよう、診療に関わる設備や機器も改めて整備しました。

今回のリニューアルを機に、いっそう快適で通いやすい歯科医院として、治療はもちろん、定期検診やメンテナンスにも気軽に通っていただけるように、これからも地域のみなさまの歯を守る"かかりつけ歯科医院"としての歩みを続けていきたいと考えています。

診療を充実させるために、快適性とコミュニケーションを重視

快適性とコミュニケーション増改築の具体的なコンセプトは「よりよい歯科治療を目指しての快適性、機能性とコミュニケーションの向上」です。陽光が差し込む大きな窓を設け、カウンセリングコーナーにはコーヒーメーカーも取り入れ、ゆったりくつろいでいただける空間としました。

また、患者さんとのコミュニケーションを深める場づくりにも注力しました。プライバシーに配慮したカウンセリングコーナーでのカウンセリングに加え、診療ユニットを3台から5台に増やすことにより、治療中のチェアサイド・カウンセリングも余裕を持って行えるようになりました。

待ち時間をさらに短縮し、急患対応も迅速化快適性とコミュニケーション
診療ユニットの追加に伴い、スタッフも増員。待ち時間を短縮することができ、ゆったりと快適に診療を受けていただけるようになりました。定期検診やメンテナンスも、じっくり時間をかけて行います。急患の患者さんの場合も、歯科衛生士が迅速に問診や各種診査を行って歯科医師の診察につなげますので、安心して来院していただけます。

子どもからご高齢の方まで、皆に親しまれる歯科医院に

皆に親しまれる歯科医院に115年にわたり、さまざまな年代の患者さんに親しんでいただきました当院。今後はお子さんにも、より楽しく通院していただけるように、新しい診療ユニットの近くにキッズスペースを設けました。お父さんやお母さんも、お子さんの様子を見ながら安心して治療を受けていただけます。

また院内の充実を図る一方、従来からご好評をいただいている訪問診療についても今までどおり積極的に取り組んでいます。これからも小さいお子さんからご高齢の方まで、地域のみなさまに愛され、お役に立てる歯科医院でありたいと考えています。

インプラント・審美歯科治療・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

インプラント・審美歯科治療・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

荒井歯科飯能日高テレビ

飯能日高テレビの取材を受けました。