ご家族・施設スタッフへの負担は?

嚥下機能を検査する目的の一つは、患者さんの機能に合わせた経口摂取方法を提案し、誤嚥性肺炎を防ぐことです。それによる患者さんのQOLの向上を目指しています。

患者さんの状態によっては、家族や施設スタッフの負担が増えることもあれば、減ることもあります。

例えば、現在の飲み込みの機能に合っていない食事をしていたことで食事に時間がかかっていた場合、食事の形態を機能に合わせることで食事時間が短縮し、負担は減少します。

しかし、柔らかい食事を作ったり、ペースト状の食事を作ることになると、家事の負担は増えることになります。

そのような場合にも、対応できる範囲に合わせた形での食事方法を提供できるように努めます。
レシピの提案をしたり、栄養摂取方法のアドバイスを行ったりすることで、少しでも負担を減らせるようにしていきます。

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

荒井歯科飯能日高テレビ

飯能日高テレビの取材を受けました。