虫歯の予防法

虫歯の予防法虫歯は、歯とバイ菌と糖分と時間があると起こります。バイ菌が糖分を分解して産生した酸が時間をかけて歯を溶かします。どれか一つでもなければ虫歯は起こりません。

歯とバイ菌と糖分と時間に関しての対応が虫歯の予防となります。

まず、歯が虫歯菌の出す酸に溶けづらくすることができます。フッ素入りの歯磨きペーストなど、歯を強化するものを使用しましょう。

虫歯の予防にはなんといっても歯みがきです。虫歯の原因は歯にこびりついたプラーク(バイ菌のかたまり)ですから、その原因を除去すればいいわけです。

また、「糖分」の摂取量を減らすことも虫歯の予防につながります。キシリトールは虫歯菌が分解しても酸が出ませんので、虫歯予防に効果的です。

最後に「時間」ですが、だらだらとものを食べることで、虫歯のリスクが高まります。おやつなども時間を決めて食べましょう。 砂糖入りのコーヒーをよく飲む、なんていう方も要注意です。

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

荒井歯科飯能日高テレビ

飯能日高テレビの取材を受けました。