入れ歯の取り扱いについて-飯能(飯能市・日高市・入間市)の歯科・歯医者なら荒井歯科医院

042-973-7611

【診療時間】月水木金 9:00~13:00 / 15:00~19:00
      土    9:00~12:00 / 14:00~18:00
 【休診日】火曜・日曜・祝日

042-973-7611

【診療時間】月水木金 9:00~13:00 / 15:00~19:00
      土    9:00~12:00 / 14:00~18:00
 【休診日】火曜・日曜・祝日

入れ歯の取り扱いについて

入れ歯の取り扱いについて

本日入れ歯が完成しました。でもこれで終わりではありません。初めは以下のようなことが起こりやすいです。

  • 歯ぐきがすれて痛くなる(靴ずれのようなもの)
  • 話しづらい
  • 頬や舌を噛む
  • 吐きそうになる
  • 落ちる、浮き上がる

以上は、調整を何回か行うことで改善します。特に歯ぐきの痛みは、歯科医による調整をしなければなかなか治りません。
また、入れ歯も道具ですので、使い慣れていただかないと治らない部分もあります。歯科医による調整と慣れで段々使えるようになります。入れ歯に問題がある場合は、調整で改善できる可能性があります。遠慮なくご相談ください。

<取り扱い>

寝るときは原則として外しましょう

ただし、入れて寝た方がよい場合があります。こちらからお伝えします。

自分で削ったり金具を曲げず、必ず一度ご連絡ください

削りすぎて合わなくなったり、金具が折れたりします。

無理に使って慣れようとせず、痛いときは入れ歯を外しましょう

傷が大きくなりすぎて、調整で大きく削らないといけなくなり合わなくなります。ただ、使っていないと痛い部分が分かりませんので、調整のお約束の日の前日からは使い始めてください。

<定期検診>

入れ歯にも定期検診が必要です。

歯ぐきの土手は段々減っていき、入れ歯と合わなくなります

裏打ちすることで、また合わせられます。

歯の部分が段々すり減り、噛み合わせが悪くなっていく

きれいに丁寧に使用し、定期検診に通うことで、入れ歯を長持ちさせましょう。