はみがきのレッスンをした方へ

○力は入れずに優しく磨きましょう。
 力を入れて磨くことの欠点
  ・歯ブラシがすぐ開く  ・歯ぐきが下がる  ・歯が少しずつ削れる
 そして,毛先が広がりすぎて、逆に汚れが落ちにくいんです。

○ブラシは大きく動かさず、小刻みに。
 大きく動かしても歯と歯の間には毛先が入りません。
歯と歯の間に毛先が入るように磨きましょう。

○歯ぐきも一緒にマッサージするように。
 歯ぐきをマッサージすると、自然に歯ぐき付近の歯垢が取れます。

○1本1本丁寧に。
 歯は表側と裏側の2つの面だけでできているわけではありません。隣の歯と
接している面があります。そこが歯と歯の間です。毛先をちゃんと磨きたい部分に
垂直にあてて何回かこすれば、すぐに汚れは落ちてしまいます。

○慣れないうちは鏡を見ながら。
 見ないで磨くと、自分であてていると思っている所とまったく違うところを
磨いていることがよくあります。感触をつかめればテレビを見ながらでも、
お風呂に入りながらでもいいですが、最初のうちは鏡を見ながら磨きましょう。

○順番を決めて。
 あっちこっち好きなところばっかりを磨いていると、磨きづらいところをまったく
磨いていなかったりします。全体を網羅できるよう順番を決めて磨きましょう。

○歯磨き粉は使わずに。
 本日、歯磨き粉を使わずに歯ブラシで磨くだけで汚れが落ちることを
分かっていただけたかと思います。
 歯磨き粉を使うことの欠点
 ・すぐ口が泡でいっぱいになり、短時間で終えてしまう。
 ・さわやかになり、磨いた気になってしまう。(実際は汚れは残っている)
 ・歯が削れやすい。
 ただ長所もあります。フッ素入りの歯磨き粉は歯を虫歯になりにくくしてくれます。
歯磨き粉なしで磨いた後に、歯に塗りこむぐらいのつもりで使いましょう。

インプラント・審美歯科治療・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

インプラント・審美歯科治療・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

荒井歯科飯能日高テレビ

飯能日高テレビの取材を受けました。