歯周ポケットの検査をした方へ

 歯と歯ぐきの境目にある溝をポケットといいます。
この溝は健康な状態でも1~3mmの深さがあります。
しかし、歯ぐき付近の歯の表面についているプラーク中の細菌が毒素を出すと、
歯ぐきがはれたり(歯肉炎)、歯を支える骨が溶けたりします(歯周炎)。
すると、ポケットの深さが深くなり、4mmを超えると要治療、といわれています。
つまり、ポケットの深さは歯周病の進行度合の目安になるのです。

 検査では、全ての歯を各歯6箇所(表3箇所・裏3箇所)測ります。
20本歯があるなら120箇所です。
それぞれの箇所についてポケットの深さ、血が出るかどうかを測ります。
そして各歯の揺れ具合を測ります。

○血が出るってことは...?
 ポケットの深さを測るのには、細くて1mm単位の目盛がついた器具を使います。
その器具をポケットに入れていくと、血がブワッと出てくるところがあります。
それは、そのポケットに炎症がある、ということを意味しています。
炎症があるために、ちょっと触っただけで痛かったり、血が出てくるのです。

○ポケットの治し方
歯みがきをがんばる
→見えている部分の歯石取り
→再検査(全部治れば、あとは定期クリーニング)
→ポケットの中に隠れた歯石取り
→再検査(全部治れば、あとは定期クリーニング)
→再度ポケットの中に隠れた歯石取り
→再検査(全部治れば、あとは定期クリーニング)
→歯周外科(簡単な手術。歯ぐきを切って開いて、歯を徹底的に掃除する)
→治癒(治るといっても元に戻るわけではなく、それ以上進行しないようになる)
→定期クリーニング

 歯周病治療はよくダイエットに例えられます。
効果が出るのに時間がかかるし、気を抜くとリバウンドもする。
がんばっても治らなかったらメスを入れたりもする...
ダイエットそのものです。

道のりは長いですが、がんばって治療していきましょう!

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

インプラント・審美歯科・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

荒井歯科飯能日高テレビ

飯能日高テレビの取材を受けました。