根の中の神経を取る処置をした方へ

以下のいずれかの理由で神経を取りました。

□虫歯が神経まで達し、痛みが出ているため。
□虫歯が深く、今は痛みが出ていないが、虫歯を取りきると神経が露出したので、
 そのままにしておくと痛みが出てしまうため。
□虫歯はないが、噛みあわせを治すために神経を取る必要があるため。
□虫歯はないが歯周病がすすんでおり、神経を取る必要があるため。
□虫歯はないが、知覚過敏が生活に支障をきたしているため。
□虫歯はないが、ブリッジするために削った際に神経が露出したため。

<方法>
①麻酔をします。
②歯の上から神経のところまで削って穴を開けます。
③細いやすりを神経の通っている管に挿入し、神経や汚れをかき出します。
④薬を歯の中に塗って、仮の詰め物をして終了です。

神経はとってしまえばそのままでいいわけではありません。神経の通っている
管の中を徹底的に掃除し、形を整え、歯の中にゴムの詰め物をつめます。
その後、歯の頭の部分をつめたり、かぶせたりして歯の形を元に戻し、それで
終了になります。歯の治癒の状態によって、治療の回数が変わってきますので、
予め回数をお伝えすることは申し訳ありませんが難しいです。

根の中の治療をしている最中は、治療後2~3日じんじんと痛むことがありますが、
じきにおさまりますのでご心配いりません。
しかし、まれに非常に強い痛みが出ることがあります。これは体の免疫が細菌と
戦うことで起こる炎症による痛みで、体を治す過程で起こる痛みです。
万が一そうなってしまった場合は、すぐにご連絡ください。
2回目以降は仮の詰め物を外して中を掃除し、また仮の詰め物をします。
この仮の詰め物は白いセメントですが、30分ほどしないと固まりませんので、
お食事などご注意ください。また固まった後もボロボロと崩れてくる材質ですが、
全て取れてしまわなければそのままにしておいて大丈夫です。しかし食べ物が
つまるなど問題がありましたらご連絡ください。

インプラント・審美歯科治療・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

インプラント・審美歯科治療・入れ歯・歯列矯正の相談を行っています

荒井歯科飯能日高テレビ

飯能日高テレビの取材を受けました。