歯の麻酔の持続時間と効果範囲

荒井歯科医院 歯科コラム

飯能(飯能市・日高市・入間市)の歯科・歯医者なら荒井歯科医院 歯科コラム

歯の麻酔の持続時間と効果範囲

以前こんな患者さんがいらっしゃいました。

「右」の「上」の歯を麻酔をして治療して、時間があったので「左」の「下」の歯の治療をしましょうかと言うと、

「もう麻酔してあるから追加で麻酔しなくても大丈夫ですよね?」

私たち歯医者の中では、右上に麻酔しても左下の歯に効くわけがないなんてのは常識なのですが、

私たちの常識と患者さんの考えにはこんなにもへだたりがあるんだなと痛感しました。

さて、では麻酔は一箇所に打つとどれぐらいの範囲や時間に効くんでしょうか?

麻酔の注射というのは歯の根っこの先端付近の歯ぐきなどに刺すんですが、

実際に効くのは、狙った歯の両隣りの歯ぐらいまでです。

2本隣も効くこともありますが、削るときに「効いてるかな?」と、ちょっと心配になります。

また、一本の歯の中でも、歯の中の神経には効いていても歯の周りの歯ぐきには効いていない、

なんてこともあります。

麻酔というのはすごく狭い範囲でしか効かないんです。

例外もあります。以上の話は浸潤麻酔という方法の場合の話。

伝達麻酔といって、神経のおおもとに効かせることで広範囲に効かせることができる方法もあります。

ただ一般的に歯医者で行うのは浸潤麻酔のほうです。

何本かまとめて治療する際は、何箇所かに分けて注射をするので、

何回かチクチクと痛いわけです。

ちなみにどれぐらいの時間で切れるかというご質問をよく受けますが、打った量にも場所にもその人の体質などにもよりますのでこれぐらいとピンポイントでは言い当てられません。

大体でいうと1時間から長いと6時間ぐらいといったところです。

麻酔の効いている間は、ほっぺたを噛んだり熱いのを感じづらくてやけどしたりしますのでご注意ください。

関連する記事