牛の歯はなぜ溶けないのか?

荒井歯科医院 歯科コラム

飯能(飯能市・日高市・入間市)の歯科・歯医者なら荒井歯科医院 歯科コラム

牛の歯はなぜ溶けないのか?

歯は虫歯菌が出す酸によって溶かされてしまって虫歯になります。

歯は酸によって溶けてしまうんです。虫歯菌が出す以外の酸でも歯は溶けます。

例えば柑橘系の果物を常に食べていたり、拒食症で嘔吐を繰り返したり(胃酸で溶ける)する方の歯は、溶けて形が変形してしまっています。

それをtwitterでもみなさんにお伝えしたくて、「酸で歯が溶けるんです」とツイートしたところ、

「じゃあ牛の歯はなんで溶けないんですか?」

というコメントをいただきました。

「確かに!」

最初の正直な感想です。牛は反芻といって、一旦胃に入ったものを口に戻したりします。

その際胃酸も口に出ているはずなので、牛の歯はどんどん溶けていってしまうはず…

というわけで、調べてみました!

結果は、

「牛の口まで戻ってくるのは第1、第2の胃の中身だけ。胃酸が出るのは第4の胃だけ。つまり口に戻ってくるものは酸性ではない」

ということでした。いやーうまくできてる!

関連する記事