歯の麻酔、本数を打てば打つほどお金がかかる?

荒井歯科医院 歯科コラム

飯能(飯能市・日高市・入間市)の歯科・歯医者なら荒井歯科医院 歯科コラム

歯の麻酔、本数を打てば打つほどお金がかかる?

「デンターネット」のブラック投稿を見ていたらこんな書き込みがありました。

「そこの先生はやたら麻酔を打ちたがる。こないだは院長に麻酔をされたが、ぜんぜん効かず、何本も打たれた。この麻酔も治療費の上乗せになってるんだろう」

実はこれは全くの誤解です。この方は型取りを何回もされたことも治療費の上乗せになっていると書いていらっしゃいますが、これも誤解です。

実は、麻酔は無料になる場合とならない場合があるんです。

麻酔にお金がかかるのは、それはあまりお金がかからない処置をしたとき(例えば虫歯を取って一旦仮詰めにするとか)や、抜歯などの外科処置をしたときです。虫歯を削って詰めたりする治療では麻酔はタダなんです。

ですので、麻酔をやたら打ちたがるのは患者さんに痛い思いをさせたくないからではないでしょうか?

型取りも同じです。もちろん型取りにはお金がかかりますが、何回とっても同じ金額です。

型取りはある程度失敗しても、詰め物を作ることは可能です。ただそれでは合い具合が悪い詰め物になります。合い具合が悪い詰め物は中から虫歯になったり、すぐ取れたりします。しかし、患者さんには合い具合が悪いかどうかなんて見た目では分かりません。

型の取り直しをするのは、ちゃんとしたものを作ろうとしている証拠です。

全く型取りをやり直さない歯医者は神の領域の技術の持ち主か、手を抜いて治療しているかどちらかです。

このように、きちんと治療しているであろう歯医者さんが患者さんとのコミュニケーション不足による誤解で悪口を書かれているのを見ると、心が痛みます。

コミュニケーションが大事だと改めて感じました。

関連する記事