保険内で白い詰め物をする方法、コンポジットレジン充填とは

荒井歯科医院 歯科コラム

飯能(飯能市・日高市・入間市)の歯科・歯医者なら荒井歯科医院 歯科コラム

保険内で白い詰め物をする方法、コンポジットレジン充填とは

コンポジットレジン充填とは、虫歯を削ってできた穴にコンポジットレジン(光を当てると固まる歯の色のプラスチック)を詰める治療法です。
歯の色に非常に近い詰め物なので、詰めた直後は見た目に問題はありませんが、時間がたつと黄ばんできてしまいます。
歯と歯の間に隙間がある場合なども、コンポジットレジンで埋めることもできます。

<治療の流れ>

虫歯を削って取ります。歯には穴が開きます。

歯の穴にコンポジットレジン用の接着材を塗ります。

穴にコンポジットレジンを詰めます。

特殊な青い光をあてて、コンポジットレジンを固めます。

コンポジットレジンを削って形を整えたり、噛み合わせを調整します。

磨いて終了です!

奥歯でも保険でできる治療ですが、詰める範囲の大きさや場所によっては奥歯には適応できず、銀歯になることもあります。

関連する記事