なぜムシ歯予防にフッ素を使うのか?

荒井歯科医院 歯科コラム

飯能(飯能市・日高市・入間市)の歯科・歯医者なら荒井歯科医院 歯科コラム

なぜムシ歯予防にフッ素を使うのか?

「フッ素が歯にいい」というのはかなり知られてきていると思われますが、
「なぜフッ素が歯にいいのか」というのはあまり浸透していません。

歯の主成分は「ハイドロキシアパタイト」でCa10(PO4)6(OH)2という化学式で表されます。Caはカルシウム、Pはリン、OHの部分が「ハイドロキシ」です。
この「ハイドロキシアパタイト」実は虫歯菌が出す酸に弱く、溶けやすいんです。

フッ素(正確にはフッ化物)の入ったうがい薬やハミガキ粉を使うと、この「ハイドロキシ」の部分がフッ素に置き換わり、「フルオロアパタイト」になります。Ca10(PO4)6F2です。Fがフッ素です。
この「フルオロアパタイト」は虫歯菌の出す酸に強く、溶けにくい、つまり虫歯になりにくいんです。

 

つまりフッ素は「フルオロアパタイト」を作るから虫歯になりにくくなるというわけです。

さらにCa(カルシウム)やP(リン)もフッ素と一緒に歯に作用させると「フルオロアパタイト」がよりできやすくなります。フッ化物が入っていて研磨剤が入っていないものには「Check-up gel」があります。また、CaやPを含むハミガキ粉は「MIペースト」だけです。

おすすめのMIペーストの使用法は、

1.ハミガキ粉なしでしっかり磨きます

2.「Check-up gel(フッ素のペースト)」などと「MIペースト(カルシウムとリン配合ペースト)」の両方をハブラシにとり、歯全体に塗ります

3.そのまま水を含まず、ぶくぶくとうがいをするように全体に行き渡らせます

4.余分な分はそのまま飲み込みます

飲み込むのが気持ち悪くて抵抗がある場合は吐き出してもいいんですが、水でうがいをして洗い流すと意味がなくなります。

ぜひやってみてください。

関連する記事